歯列矯正をしたら歯磨きが楽になる?

歯列矯正をすることで歯並びがキレイになりますから、普段のケアが非常にやりやすくなるイメージがあります。歯磨きがし易くなって、歯間ブラシも使い易いでしょう。歯が変に重なったりする部分もなくなるので、デンタルリンスとかも隅々まで行き渡るでしょうね。

唇(薄く・厚く)ガミースマイル | 栃木県の美容外科・美容整形 宇都宮竹内クリニック

ただ、歯磨きがし易くはなるものの、手を抜いていいわけではないのが注意点です。以前より磨き易くなったのだから簡単にしっかり磨けるんだし、というのが落とし穴。確かに隙間だったり一本一本の歯は磨き易くなったかもしれませんが、歯垢が落ち易くなったわけじゃないのです。磨くこと自体は手を抜かず、しっかりと磨くことが大切になります。



むしろ、歯並びがキレイになると虫歯が目立ちます。歯並びの悪さに目がいかないですし、他の歯の影になったりすることが少ないからです。せっかくキレイな歯並びを手に入れたのに、虫歯ができてたんじゃ情けないですよね。磨き易くなったからといって油断せず、歯磨きは今まで通り、いや今まで以上にしっかりやって、キレイな歯をいつまでも保てるようにしましょう。

日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷 > 上下顎骨骨折

また、歯並びがキレイになると歯と歯の隙間が埋まりますし、前後にはみ出すようなこともなくなります。これがどういうことかと言うと、矯正前に比べて歯間の処理をしっかりしなければいけない場合があるということですね。今までは隙間があったりした部分がなくなるわけですから、ある意味歯磨きが大変になるのです。歯間は最も歯垢が詰まり易く、虫歯になりやすい部分でもあります。歯列矯正をすれば歯磨きが楽になるというのは完全に誤解であるパターンも多いので、矯正の有無にかかわらず、歯磨きはしっかりしましょうね。