払いきれない借金がある

ネットに掲載されたいろいろな法律事務所のホームページを閲覧していると、詐欺問題や借金問題の相談が多く寄せられているように見受けられます。しかも、各法律事務所のお問い合わせページから問い合わせをしようとすると、住所を入力する欄には、あらかじめ都道府県を選択出来るようなフォーマットになっています。それだけ全国の方々がそうした問題で苦しんでおられるので、法律事務所にとっても広範囲な規模で仕事の網を張っておく方が有利ということなのかもしれません。

司法書士 郡山

確かに数年前には、暴力団まがいの乱暴な取り立てが話題になって、自殺者が出た状況や取り立て者の録音音声までもが、連日テレビのワイドショーで公開放送されていました。しかも、そうした社会問題化にもなったことを受けてなのかはわかりませんが、2010年にはグレーゾーン金利が撤廃となって、借入額に対する適正な金利を守らないと金融機関も処罰されるようになりました。

casestudy-1 公正証書作成の流れ

また、消費者金融会社での個人の借入額については、年収の3分の1までしか借入が出来ないといった総量規制と言われる制度も導入されました。従って、以前ならば他の金融機関から借入をして借金の返済工面をするということも可能でしたが、そうした個人の自転車操業も不可能となってしまいました。ただし裏返せば、収入に見合う借金しか出来なくなったということでもあります。

逆転裁判攻略

またネットで債務整理を検索すると、メールや電話で気軽に相談出来るような法律事務所のサイトが急増しています。そして一昔前ならば、払いきれない借金がある方の場合ノイローゼになって自殺したりあるいは、夜逃げをする方も多かったのですが有り難い時代になりました。